書面添付を行っています

私たちのこだわり

豊富な知識と知恵で次代へ資産を継承。

後継者の方が安心して資産を承継し、事業をスタートさせるためには、適正な申告を行うことが大切であり、それをサポートするのが私たちの役割です。そこで弊社では申告書に書面添付(税理士法第33条の2に規定する書面)を行うことを原則としています。

この書面は、税理士が税務の専門家の立場から、その申告書の作成に関してどの程度関与し、どのように調製したのかを明らかにするものです。適正な申告と詳細な書面添付は、税務当局に内容の正確性をアピールする材料となって好印象を与え、ひいては税務調査の省略につながることが期待されます。

統計によれば、相続税の書面添付割合は全国的にもまだごくわずかですが、弊社では積極的に書面添付制度を推進しています。